おしらせ

2/5放送・ぶらり 武蔵野線の旅の放送後記

「ぶらり途中下車の旅」武蔵野線の旅にて、かとうかず子さんが惑星座へご来店くださいました。

遠く離れていてもリアルタイムなどで、お客さまや作家みなさまと視聴でき、ドキドキしつつ感涙。
あらためて、番組の皆様、ご視聴くださった皆様、 惑星座を知ってくださった皆様ありがとうございました。

放送された「旅のお供/タビオトモ」コーナー以外にも、店内色々ご覧いただきました。
特に、番組サイトに写真掲載の「魔法のようなサフィレット&サフィリーンガラス」もじっくりお手にとっていただき、後日お客様にもお尋ねいただいたのでご紹介してみたいと思います。

↑ぶらり途中下車の旅 番組サイトより画像引用させていただきました

ご来店時にかとうかず子さんが、とても温かな感じで、お店についてお尋ねくださいました。
店主が「1点ものハンドメイド雑貨と、魔法のような古いガラスを扱っています」とお伝えすると、まずそのガラスにご興味をお持ちくださいました。
そして、「魔法色にゆらめくサフィレット&サフィリーンガラス」が並ぶコーナーで、この3点を特にじっくりご覧いただきました。

左から…妖精のランタン/サフィレットビーズネックレス・魔法の国の宝石/大粒サフィリーンネックレス・指輪 (指輪はLUNA SHIPさん作) ※執筆時点では店頭販売中

◆サフィレット(Antique Saphiret)とは?
19世紀中頃、チェコで誕生した変色ガラス。
それは実に不思議な魔法のような色合いで…
深く青い光を宿し、見るひとの心を魅了してきました。
成分については貴重な分析結果から、なんと近年少しずつ解き明かされてきております。
とはいえ今はもう作られていなく、現在手にできるのは当時作られたもの限りです。とくに希少価値が高く世界中にコレクターがいます。

◆サフィリーン(Sappharine)とは?
その後、途絶えたサフィレットを1950年頃にドイツ等で再現。
チェコとはカットや色の現れ方が異なります。こちらも今は作られておらず希少です。
カット入りはきらめく星の瞬き、カットなしはゆらめく妖精の泉のよう。
各時代にしかない、それぞれの美しさをうっとりと心ゆくまで…

その後…!なんと…
この「魔法の国のサフィレット姫ティアラ」を、かとうかず子さんかぶってくださり…!そのお姿はとてもすてきで、きらめいていらっしゃいました♪

魔法の国のサフィレット姫冠/ティアラ (展示品ご試着可):ヒトトセさん作

ティアラの隣に並んでいた「甲州貴石切子の桜サフィリーンネックレス」もお手にとって間近でよくご覧くださいました。


ヴィンテージガラス「サフィリーン」を、シミズ貴石さまのもとで「甲州貴石切子」の桜型にカットしていただいた希少で素晴らしい逸品なのです。
ネックレスへのお仕立ては、LUNA SHIPさん。

◆「甲州貴石切子」は、株式会社シミズ貴石さま・ジュエリークラフトフカサワさまの登録商標です


こちらの中央テーブルの作家さん作アクセサリーなどもご覧くださっていました。
心温まるご来店ありがとうございました!


武蔵野線の旅のはじまりで訪れていらした「角川武蔵野ミュージアム
大好きな本棚劇場。旅のお供は、空想執筆家の少年。

私が訪れた時は、展覧会「米谷健+ジュリア展」が開催中でした。
無数のウランガラスが光る大きな大きなシャンデリア…!

ほかにも、すてきな場所を旅されていましたね。
ぶらり途中下車の旅(日本テレビ)は、毎週土曜 朝9時25分~10時30分放送です。
hulu(有料 / 無料トライアルあり)では、過去放送分もまとめてご視聴できるようです。